都会のオフィスでもネズミ被害が、駆除は専門業者へ

subpage01

野生の野ネズミは里山や森林に生息しています。そのため、都市部には出没しない害獣と認識されていますが、最近ではやや見方が変わってきました。確かに里山や森林周辺の地域の方が生息に適していますが、今では都会の一部地域にも野ネズミが生息し、繁殖し始めています。



ビル街が広がる東京都内ですが、最近では都市部でも緑化が進んできています。


その結果、緑がある公園や駅周辺に、野生の害獣が生息し始めています。

基本も充実した@niftyニュースの情報を提供しているサイトです。

ビル街には飲食店があり、野ネズミはそこから出される残飯などを餌にして生活しています。郊外の里山や森林よりも、実はそういった意味で野ネズミが暮らしやすい環境になってきており、毎日確実に残飯が多数の飲食店より出されるため、害獣はどんどん繁殖し、今では駆除が必要なレベルまで増加して来ています。


都会のオフィスにネズミが出る、なんとも不思議な時代ですが、手をこまねいていると、深刻な被害を受け兼ねません。もし大事な書類をかじられたら大変です。

野生動物は基本的に食物を目的にして人家に忍び込んできます。



しかし、知能が低い害獣は室内に置かれた色々な物を手当たり次第にかじったり荒らしたりします。


大事な書類やフラッシュメモリやタブレットが彼の糞尿やかみつき攻撃を受ければ、オフィスに深刻な打撃です。
オフィスからでも駆除の依頼は出せます。専門業者に駆除を代行してもらえば、面倒な作業をせずに害獣の被害を避けられます。
都会のオフィスだからといって、安心するのは早計です。