自分で行うネズミ駆除

subpage1

ネズミの被害に遭った時、専門業者に駆除してもらうのが最も手っ取り早い対処法ですが、費用が高くなってしまうデメリットがあります。集団で発生しておらず、部屋などの生活空間にまで侵入していない場合、市販のグッズを使って自力で駆除することも可能です。
駆除グッズとしては、カゴやバネ式の罠、毒餌や粘着シートなどがあります。
罠とは、ネズミをおびきよせる仕掛けをしておき、近づいたところを捕らえる、または殺すことができる道具です。

設置が簡単で、何度も繰り返し使える点から、使いやすい道具と言えます。



バネ式は、仕掛けが作動しバネで挟み込む圧力によって、捕らえたと同時に殺してしまいますが、カゴ式は生かしたまま捕らえます。



これらのグッズでは、捕らえたネズミの処理を行う必要があります。



死んだまま放置しておくと害虫などが湧いて不衛生ですので、定期的にチェックして、発見後は素早く処理するようにしましょう。死骸の処理や、生きたまま処理するのに抵抗がある場合、他の手段で対策を講じることをおすすめします。


近年増えているのが忌避剤や超音波を使って、殺さずに家からネズミを追い出す方法です。

ネズミが嫌う臭いや音を出して、居心地の悪い不快な環境を作り上げます。

使う際の注意点として、同じ種類の忌避剤や超音波を使い続けると、慣れてしまう可能性があります。そのため定期的に種類を変えたり、超音波の音を変化させるなど工夫を行うのが退治です。

大人の常識

subpage2

ネズミの侵入に気が付いた頃には既に侵入経路は複雑化し、被害が大きくなっている場合があります。スプレータイプの忌避剤や殺鼠剤を使用すれば、一時的な効果が期待できます。...

next

大事な環境の事

subpage3

野生の野ネズミは里山や森林に生息しています。そのため、都市部には出没しない害獣と認識されていますが、最近ではやや見方が変わってきました。...

next

身に付けたい知識

subpage4

ネズミは住処にできる環境さえ整えば建物に簡単に住みついてしまいます。ネズミが住みつくと建物に衛生的に問題がで出るだけでなく、感染症などを持ちこまれて建物に住む人や利用する人の健康被害に繋がる事もあるので注意しなくてはなりません。...

next

納得の事実

subpage5

ネズミの存在に悩まされている家庭は数多いです。一般家庭に被害の多いクマネズミは警戒心が強いので、姿を見せない事が多いです。...

next